歯の痛みなどお口の病気(虫歯治療・虫歯予防)や親知らずが気になったら

いつまでもご自分の歯で食事を楽しめるように、かかりつけ歯科医としてご相談ください

メニュー
一般歯科
虫歯治療
虫歯予防
親知らず

一般歯科

当院では病気の歯の早期発見、早期治療はもちろんのこと、患者さんのお口の健康に努め、患者さんにご理解・ご協力を得ながら、かかりつけ歯科医として、信頼される歯科医療を目指していきたいと考えています。
一般歯科とは、簡単にご説明しますと、小児歯科・矯正歯科・口腔外科以外の虫歯治療や歯周病の治療など、通常皆さんが歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を一般歯科と考えていただいて良いと思います。

虫歯治療

虫歯治療は、まず表面的な大きさや位置によって、段階的に治療方法が選択されます。さらに深さによって、歯の神経を抜く、抜かないといった判断が行なわれます。
代表的な3つの虫歯治療法として、【樹脂などで詰める】【型を取って嵌め込む】【歯に金属などを被せる】、この3種類のいずれかになることがほとんどです。

虫歯の進行について

C1やC2などの比較的小さな虫歯は、治療も簡単に早く済みます。虫歯は進行すれば進行するほど、治療期間も長くなり、治療費用も高くなりますので、早めの治療がおすすめです。

虫歯の進行

C-0 虫歯になる前兆です。
この段階で充分に手入れをすれば虫歯に進行せずにすみます。
C-1 表面のエナメル質が溶けはじめた、浅い虫歯です。
ほとんど痛みはありません。
C-2 虫歯が進行し、穴が象牙質まで達しています。
冷たい物などがしみるようになります。
C-3 虫歯が歯髄まで達していて、大きな穴があいています。
ズキズキ痛むようになります。
C-4 歯冠部がほとんどなくなり、根だけが残っている状態です。

虫歯予防

「毎日歯を磨いていたのに虫歯になってしまった」などのハナシはよく聞きますが、歯を磨くだけでは虫歯予防は難しいのです。
大事なのは、「虫歯の原因を除去すること」と「虫歯の進行を止めること」の2つ。
当院では、意外と知られていない虫歯予防の方法をお教えすることで、皆さまの歯の健康に携わっています。

親知らず(智歯)

思春期後半から20歳以降に生えてくる「親知らず(智歯)」。
親知らず(智歯)と聞くと、「口腔内に不都合や疾患を起こす歯」と連想される方が多いのではないでしょうか。
親知らず(智歯)は横向きで生えてきて歯茎や顎の骨を圧迫して痛みを与えたり、そうでなくとも非常に磨きにくく虫歯や歯肉炎を誘発したりもすることが多いからです。
そのため、親知らず(智歯)が生えてくると抜歯などの対処をすることが多いのですが、歯そのものや神経は健康であることが多いため、その治療は患者様の負担が大きくなるのです。
当院では、安易に抜歯をご提案せずに患者様の不安が少しでもなくなるようカウンセリングを行って治療を進めていきます。

電話でのご予約・お問い合せ
tel:092-823-2688
【受付時間】
平日 午前/9:30~13:30 午後/14:30~19:30
土曜 午前/9:30~13:30
メールでのお問い合せ
お問い合せ
ページのトップへ